セミントラ 通販は

通販注文する際の注意点は

セミントラ 通販での購入や注意点について

『セミントラ』は、有効成分のテルミサルタンを含有する猫の慢性腎臓病(慢性腎不全)治療薬です。このテルミサルタンの働きより、腎臓にかかる血圧を下げることで腎臓の負担を軽減し、腎不全の病気の進行を抑制するという効果があります。

セミントラ 通販で購入できるの?

猫の腎不全の新しい治療薬として優れた効果が認められている『セミントラ』。しかし猫の病状が慢性腎不全となってしまうと、セミントラを飲み続ける期間が長期間となってしまいます。

飲み続けることで、セミントラの薬剤がなくなってしまった場合には、当然ながら動物病院で新たに薬を購入する必要があります。しかし、購入する薬が決まっているのに、動物病院に出向いて購入するのは、時間のムダのように感じてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方に、おすすめなのが犬猫等のペット医薬品を取り扱う通販購入サイト『うさパラ』です。『うさパラ』は、会社所在地が香港にある「個人輸入代行業者」となります。

“所在地が海外の会社”ということになると、心配な面もありますが、実はペットの薬、日本の動物病院で取り扱う薬のほとんどが海外の有名企業の輸入品ということだそうです。

ペットの薬というのは、日本ではほとんど開発されていません。確かに海外の薬が多いと感じますが、ペットの薬というのは、開発費用も相当かかる上に、海外の方がペットに関する医療も進んでいるそうです。

つまり、海外から輸入した薬を動物病院で取り扱っているのであれば、同じメーカーの薬を動物病院を介さずに個人で通販購入するという流れが、この『うさパラ』というサイトだそうです。

◆ 「セミントラ猫用(Semintra) 4mg/1本100ml」

  ⇒ 詳細はこちら

 

◆「セミントラ猫用(Semintra) 4mg/1本 30ml」

  ⇒ 詳細はこちら

通販で購入(個人輸入代行)の注意点は?

ペットのお薬『うさパラ』は、ペットの飼い主が直接海外からペットの医薬品を個人輸入することを代行する「個人輸入代行業者」です。

日本の薬事法では、個人が自分で使う目的で、薬事法に定められた制限内の数量内で「個人輸入」することが認められています。ペット用の薬を個人として輸入する行為を、「うさパラ」に代わりに行ってもらう(個人輸入代行)ことになります。

ただし注意すべき点としては、個人輸入したペット向け薬を使用することによる責任は、「すべて飼い主さんの自己責任となる」ことです。

薬にアレルギーを持っているペットもいますし、薬による副作用が出ることもありますし、他の薬を服用させている場合はいわゆる「飲み合わせ」の問題が起きてくることもあります。

そのようなことを踏まえると、ペットの病気のかかり始めは、むやみに薬を通販で購入するのではなく、動物病院に連れていって、ペットの病気・病名をある程度特定するのが安全です。

そのときに動物病院で処方された薬について、薬の製品名や成分について必要な質問をして、メモをとっておきます。その後にネットで薬の製品名や成分名を調べ、価格の比較もしつつ、最終的に個人輸入をするかどうかを決めると良いでしょう。

そして、ある程度ペットの病気の方向性が特定でき、処方された薬が個人輸入で対応可能と判断できる範囲において、個人輸入を考えることになります

“個人輸入”というのですから、個人でも対応できるのですが、申請書類の提出等(ペットの薬の個人輸入に関する管轄は農林水産省)、手続き面でかなりの手間がかかります。

そのため、多くの飼い主さんが、運営歴が長く信頼のおけるペット薬の個人輸入代行業者を探して、代行をお願いしています。

ペットのお薬『うさパラ』のすべての製品の発送元は、医薬品取扱いライセンスを保有する大手ホールセラーで、100%正規品保証がうたわれており安心して取引ができます。

注文した製品には個別に追跡番号が振られ、万一の発送トラブルの際は、荷物の追跡が簡単なことも、「海外経由個人輸入の安全性」という点で心強いですね。

また、うさパラ取扱の代表的なペット医薬品には、ユーザーのレビューが数十~数百件単位で投稿されています。それらを読むだけでも、ペットの薬に関する数多くの情報が得られる点もメリットです。

 


  「うらパラ」はこちら